• アフィリサイト作り
  • アフィリエイトの広告案件は様々なジャンルがあり、ジャンルよってアフィリエイトサイト作りは違ってきます。初心者がサイトを作る際には注意しなければならないターゲット設定やサイトタイトルの決め方、コンテンツの書き方などを事例をもとに図解。
美容・脱毛アフィリエイト

美容アフィリエイトの狙い目である医療脱毛で稼ぐヒント

美容アフィリエイトは報酬が魅力で、検索上位を取れば大きな報酬になります。
そのため競合も多く、サイト作りや広告選びには色々な工夫が必要です。
当サイトでは、美容(エステ・化粧品・脱毛・健康・コンプレックス)のアフィリエイトで稼ぐための参考事例やサイトつくりのポイントを紹介します。



脱毛アフィリエイトで稼ぐには

このジャンルは非常に幅広く、案件選びにも迷うケースが多く、サイト作りにも手間かかることもある。
稼ぐなら実際に自分が体験することがいちばんです。
実際にこうした脱毛案件で検索上位になっている個人サイトのほとんが自分が経験したレビュー形式でのサイトです。
ある意味、納得させる(共感)コンテンツが必要になってくる反面、商標やブランド名、症状名のキーワードで稼ぎやすい。

「美容整形」という大きなくくりのキーワードにおいて、どんな悩みがあるかカテゴリをピックアップしてみましょう。

「頭」「顔」「胸」「お腹」「あそこ」「身長」「体重」に大分類され、「頭」の悩みを分解すると「頭髪の薄毛」「頭髪の天然パーマ」「白髪」「固い頭髪」「わき毛」「胸毛」「背中の毛」「下の毛」「スネ毛」「まゆ毛」・・・etc.

どうです。人間の体を分解していくとたくさんの悩みキーワードが露出しますよね。
どうして、このように細かく分類していくかといえば、「稼ぐ」ためである。


ライバルに勝つ医療脱毛案件を狙う

脱毛案件は高額報酬も魅力なので、検索上位表示されれば月間50万円以上を稼げるのは事実です。
しかし、競合が激しくライバルが多くなり、以前ほど稼ぐジャンルから遠ざかっています。
グーグルの検索システムの変化などが大きく原因しているため、個人で脱毛というビッグキーワードで勝負するには結構厳しくなっているのも現実です。

ですが、こういう競合ジャンルでも視点を変えれば後発組でも稼ぐことは可能なので、これから脱毛アフィリエイトをやるにはどうすれば良いのか「着眼点やサイト作りのヒント」を解説していきますね。

男性のヒゲ脱毛は狙い目?

一般的に「脱毛」というと、全身脱毛、ワキや脚の部位脱毛、デリケートゾーンの脱毛を指します。
最近は男性のひげ脱毛というのもあります。もちろんこちらも前述通りの脱毛施術を行います。それより男性のひげ脱毛は、ひげをかっこよく見せるためのオシャレなデザイン脱毛にニーズが高まっています。

例えば男性のデザイン脱毛では「ゴリラ脱毛」がよく成果も上がっています。(あくまでも当社サイトデータですが)
■医療法人社団十二会「ゴリラ脱毛」
http://hige-gorilla-datsumo.com/
・A8ネットやアフィリエイトBにて一般報酬:10800円(税込)手動承認

ひげ脱毛をするにはニードル(抜く)やレーザー治療、光治療などサロンにより異なってきますが、大きく分けて、医療行為ができるサロンやクリニックでは「レーザー治療」。
医療行為ができないダンディハウスやTCBのエステサロンはニードル(サロンによって呼び名が違う)。
それぞれメリットやデメリットはあります。例えば半永久的に脱毛するならレーザー脱毛。一定の時期だけに格安な値段で行うニードル脱毛。

一回だけの脱毛料金を比較すれば、レーザー脱毛のほうが料金は高くなりますが、仕上がりや料金などトータルに、後々のことを考えればレーザー脱毛がいいです。
20歳から脱毛サロンに通って気がつけばトータルで100万円以上使う人も珍しくありません。
これは「脱毛」に対する女性の認識が一般的に、女性用脱毛サロンのラボやミュゼのようなサロンで行うものだと、ある意味勘違いしていることです。

電車の中釣り広告や雑誌やテレビCMの煽りも受けて、駅チカにあるエステサロンへ足を運んでいます。
低料金で簡単な脱毛行為が、結果的には目に見えない形で多額な料金を払っている事実もあります。

医療脱毛のニーズが高まっている

医療クリニックや皮膚科医院では、脱毛に対してこれまで積極的ではありませんでした。つまり、ミュゼや銀座カラー、ラボなどの陰に隠れていたといってもいいです。

レーザー治療機は高額ですし、医療機器は日進月歩で進化しているので、医療クリニックではレーザー治療機の新規導入にも腰が引けていた経緯もあります。
また高額なレーザー治療機を導入しても、脱毛技術を備えた医師や看護師が人手不足ということもあり、積極的に脱毛をPRしてこなかったのです。

ところが、ここにきて医療脱毛つまりレーザー脱毛のニーズが高まってきているのです。その原因は低料金の脱毛サロンで施術を受けても満足のいく脱毛ができない。
どういうことかというと毛の周期を司る毛根を根絶させることができなければ、毛は何度も何度も生え変わってきます。

つまり、脱毛サロンで行う光脱毛やニードル脱毛では、毛根を根絶させることができない。そして肌の状態は個人差があります。わかりやすく言うとカミソリを当てて、剃ってみればわかりますが、なんともない人、赤くはれる人、ヒリヒリする人というように日本人の肌は欧米人に比べて非常にデリケートなのです。

そのため脱毛しては、生えての繰り返しなので、その都度において通うことになり追加料金が嵩むとか、肌トラブルが起こったけどアフターが悪いなどなどこれらサロン離れが起こっていることを知ってアフィリエイトを進めてください。

医療脱毛アフィリエイトで稼ぐコツやサイト作りをこちらで解説しているのでぜひ読んでください。

関連記事一覧