アフィリエイトサイト作りの基本

稼ぐアフィリエイトサイトは文字装飾や画像配置にも気を配る

アフィリエイトサイトは見栄えもよくなければ稼げないです。ユーザーにとって見栄えの良いサイト、キレイなサイト、見やすい、買いやすい・・・etc。これらをひっくるめてWebデザインといいます。

このWebデザインのことを話し出すと、キリがないというか、知識や技術を追うほど、難しくなり、アフィリエイターにとって必要のない知識まで詰め込むことになります。

要するに見栄えの良いサイト、Webデザインの凝ったサイトを持つには、それなりに知識や技術を持った人が作ったテンプレートを手に入れれば、アフィリエイト市場でも立派に戦いやすくなるということ。

実際に僕も持っているアフィリエイトサイトは、「シリウス」「クールでかっこいい」「TCD」「賢威」というように、それなりに知識や技術を持っている人が作った市販のテンプレートを買って作っています。当サイトもTCDのWPテンプレートです。

こうしたほうが、無駄な時間もかからず、すぐにアフィリエイトを始めることができます。

では、これらのテンプレートを買っただけで、稼げるサイトになるのか?といえば、もう少し、努力する必要ありということになります。

それは、記事一つ書くにしても同じ文字サイズばかりで書かれた記事より、この記事のように強調したいときには「赤字」「太文字」「黄色マーカー」「下線」など記述しています。簡単に言えば、長々と読んでもらうことより、ユーザーが知りたいことを1秒でも早く知らせる」というテクニックですね。

長文ばかりの記事を何ページも作っているサイトよりも、

つまり、「アフィリエイトは読ませて稼ぐのではなくて、見せて稼ぐ」ということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. アフィリエイトサイトは育てながら稼ぐという根拠と手法

  2. アフィリエイトサイトテーマの決め方

  3. 初心者が稼ぐためのサイトの収益化を図解で正直に解説

  4. サイト作成のスピード化を図り、同時に報酬アップにつなげやすい体験談を書…

  5. 読者が財布を開く!売れるアフィリエイト記事の書き方

  6. 【本当は公開したくない】稼げるジャンルのネタ記事サイトを作った

PAGE TOP

アフィリエイトサイト作りの基本

アフィリエイトサイトは育てながら稼ぐという根拠と手法

アフィリエイトサイト作りの基本

サイト作成のスピード化を図り、同時に報酬アップにつなげやすい体験談を書いてもらう…

アフィリエイトサイト作りの基本

読者が財布を開く!売れるアフィリエイト記事の書き方

アフィリエイトサイト作りの基本

自分の強みを生かしたアフィリエイトサイト作りのコツ

アフィリエイトサイト作りの基本

初心者が稼ぐためのサイトの収益化を図解で正直に解説