レンタルサーバー入門~QA

アフィリエイトサイト作りに必要なレンタルサーバーのディスク容量

アフィリエイトに限らずレンタルサーバーを使って何をしたいかによって、必要なディスク容量は違ってきます。
ありすぎて困るというものではないにしても、ディスク容量が大きくなれば、それだけ利用料金も高額になるでしょう。
さほど、ディスク容量が必要ない用途にもかかわらず、大量のディスクを利用しているなら、ムダかもしれませんね。

レンタルサーバーのディスク容量は、さまざまです。
300MB、1GB、3GB、20GBと4種類のプランを設定している業者があります。
業者の多くは、プランごとにサーバーマシンを分けているので、途中でプランを変更する場合、別プランに契約し直しになってしまいます。
従って、契約時のディスク容量の選択は、重要になってくるわけです。

1GB未満のディスク容量の場合、できることはかなり限定的。
テキスト中心であってもどんどん容量の増えて行くブログには向きません。
内容が更新されることはあっても、容量自体は大きく変化しないWebサイトでの利用がおススメ。
独自ドメインを利用するレンタルサーバーの出番です。

標準的なプランのディスク容量は、1~5GBです。通常のWebサイトやブログなら、当分は問題ないと考えられます。
ただし、将来的に画像が増えるなど、データサイズが大きくなってきたときには、何らかの対策(古いファイルを削除するなど)が必要になるかも。

イラストや写真などの画像データ、あるいは動画の多いサイトでは、1~5GBでも不足を感じてしまうでしょう。
これよりも大きなディスク容量プランとなると、個人で支払うには微妙に負担が大きく感じられるほどの利用料金になってしまいます。

レンタルサーバにアップロードするファイルは、ファイル形式の変更など、できるだけファイルサイズの小さくなるような工夫が必要でしょう。
問題解決の決定打とはいえませんが、静止画なら「Fickr」、動画なら「YouTube」等のサイトにアップロードし、そこからリンクするという手もひとつです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. アフィリエイトに欠かせないアクセス解析の活用で報酬アップ

  2. WordPressにレンタルサーバーは必要ですか?という質問に回答する…

  3. ホスティングサービス(レンタルサーバー)の基本機能

  4. 【難しい用語なし】アフィリエイトでホスティングサービス(レンタルサーバ…

  5. アフィリエイトサイト運営ににおける共用サーバーと専用サーバーとの違い

  6. 有料ホスティングサービスと無料ホスティングサービスの違い

PAGE TOP

アフィリエイトサイト作りの基本

初心者が稼ぐためのサイトの収益化を図解で正直に解説

アフィリエイトサイト作りの基本

自分の強みを生かしたアフィリエイトサイト作りのコツ

アフィリエイトサイト作りの基本

アフィリエイトサイトは育てながら稼ぐという根拠と手法

アフィリエイトサイト作りの基本

サイト作成のスピード化を図り、同時に報酬アップにつなげやすい体験談を書いてもらう…

アフィリエイトサイト作りの基本

読者が財布を開く!売れるアフィリエイト記事の書き方