レンタルサーバー入門~QA

アフィリエイトサイト運営ににおける共用サーバーと専用サーバーとの違い

アフィリエイト向けの専用サーバーについて必要かどうかの質問をもらったので回答します。
多くのアフィリエイターはロリポップやエックスサーバーなどの共用サーバーを使っています。共用サーバーとは、あたながロリポップのスタンダードプランを使っているとすれば、他の人も使っていることになります。こうしてあなたも使うがライバルのアフィリエイターも同一プランを使っているということ。
つまり共用サーバーというのは月額料金を安く設定しています。

ホスティングサービス会社ではサーバーを安くレンタルすることで多くのユーザーにそのサービスを使ってもらうのが狙いです。

レンタルサーバー業者のWebページを見ると、レンタルサーバーの他に「専用サーバー」という項目があります。
これは、ユーザーに対して専用のサーバーマシンを1台割り当てるという、上級サービスです。

サーバー全体が、自分専用になることで、より自由度の高い運営が可能に!
サーバー1台を占有するため、料金はレンタルサーバーより高くなってしまいます。

一般的なレンタルサーバーの場合、1台のサーバーマシンを複数のユーザーが仮想的に共有しているのです。
従って、サーバー上で共有されるプログラム(Webサーバーやデータベースなど)の設定が制限される場合があります。
その代わり、複数のユーザーでサーバーを共有することによって、価格を安く抑えることができるわけです。

カゴヤ・ジャパン株式会社やKDDIウェブコミュニケーションズなど月額料金が2万円を超えるので、アフィリエイトで月100万円以上稼ぐ人にはおすすめですが、そうでなければ共用サーバーの上級プラン〔月額料金が若干高くなるので利用者も少ない)を使うことを考えましょう。ちなみに管理人はカゴヤの専用サーバーも使っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. WordPressにレンタルサーバーは必要ですか?という質問に回答する…

  2. アフィリエイトに欠かせないアクセス解析の活用で報酬アップ

  3. アフィリエイトサイト作りに必要なレンタルサーバーのディスク容量

  4. ホスティングサービス(レンタルサーバー)の月額料金について

  5. 【難しい用語なし】アフィリエイトでホスティングサービス(レンタルサーバ…

  6. アフィリエイトに必要なレンタルサーバーを選ぶときのポイント

PAGE TOP

アフィリエイトサイト作りの基本

読者が財布を開く!売れるアフィリエイト記事の書き方

アフィリエイトサイト作りの基本

アフィリエイトサイトは育てながら稼ぐという根拠と手法

アフィリエイトサイト作りの基本

サイト作成のスピード化を図り、同時に報酬アップにつなげやすい体験談を書いてもらう…

アフィリエイトサイト作りの基本

初心者が稼ぐためのサイトの収益化を図解で正直に解説

アフィリエイトサイト作りの基本

自分の強みを生かしたアフィリエイトサイト作りのコツ