アフィリエイトを始める準備と手順

フィリエイトおすすめブログ

ブログアフィリエイト初心者向けおすすめの心得2ヶ条

うちの会社も副業が解禁になったので、これからアフィリエイトを始めるにあたり、おすすめなブログを探しているけど2019年の選択肢として、どこのブログがよいのか?先輩の声を聴いて体験情報を比較したい。できればついでにブログ開設後のアフィリエイトの手順も教えて欲しい・・・。

こういった疑問と期待に応えますね。

初心者がアフィリエイト始めるには無料ブログでいいの?

僕がブログアフリエイトを始めた14年前はSeesaブログとライブドアブログが主流でした。当時はアフィリエイト先駆者の石田健さんや田渕さんにおすすめされるままブログにアカウントを登録して、稼げるジャンルの一つであったサプリメントブログを作りました。

今みたいにSEO対策も難しくなくて、記事を量産したり、自作被リンクを回していおけば稼ぐことには困りませんでした。いずれのブログも使用料は無料なので、タダ同然で面白いように稼げていました。いい時代もありました。そして時代は流れ現在に至っているわけです。
ということで法人格でアフィリエイトを事業として14年継続しており、独自に習得したSEOで企業や個人事業主のWEB制作や集客コンサルタント事業もやっている虎ジィが無理のない程度で教えます。




2019年アフィリエイトを始めるには無料ブログがおすすめですか?という疑問

無料ブログでアフィリエイトを始めるのは大方の意見としては正解ですが、僕個人的にあんまりおすすめではないです。元手がゼロ円で始められるメリットはあるけれど、無料ブログということは、賃貸マンションに住んでいるようなもので、貸主の制約を何かと受けやすいし、ライバルとの差別化がしにくい。

脱サラして本気で稼ぎたい人には無料ブログより、独自ドメインを取って、サーバーをレンタルすることをおすすめしますが、とりあえずアフィリエイト初心者におすすめブログということに絞っていえば、こちらの2社です。

2019年アフィリエイト初心者におすすめブログはこの2社

おすすめブログ
無料ブログで探すならこちら

  • はてなブログ
  • ライブドアブログ

いちばんおすすめは「はてなブログ」です。
初心者もつくりやすいテンプレートが揃っており、投稿画面の操作もわかりやすい。
ブログは作った後からが勝負ですが、はてなブログをおすすめするのはSEO対策ですね。はてなブックマークからの被リンクが集まりやすくSEOにも有利だから。
デザイン性にはちょっと不満が残りますが、デザインの良し悪しで成果が左右されることがないことを考えればはてなブログです。

自分の趣味(料理や映画・エンタメ・旅行など)を強調するデザインテーマを選ぶならカジュアルなテンプレートが多いライブドアでもOKです。

アメブロやFC2はどうなの?
芸能人やスポーツ選手、著名人がよく使っているアメブロ。使うこと自体は悪くないと思います。アメブロは以前アフィリエイトは完全にアウトでしたが2019年になってアフィリエイトも解禁しました。
A8ネットやバリューコマースと提携したので、投稿画面に広告を掲載することは可能です。

だけどアドセンスは掲載できません。
アドセンスは初心者にとって美味しい収入源であるだけに、アフィリエイト解禁といってもやっぱり制約されています。

FC2色々と制約があるようで有料会員にはアドセンスが掲載できる情報もありますが、プラグイン設定やソースの書換えなどやることがいっぱい出てきます。

この他無料ブログやヤフー、楽天、gooブログ、JUGEM、Seesaaなどたくさんありますが、一長一短あって、おすすめはできません。僕のおすすめ指数に合格しているのは「はてなブログ」ですね。

本気でやるならWordPressでブログを作りましょう!
無料ブログは初心者がアフィリエイト作業に慣れるまでのツールと考えてください。本気でサラリーマンの月収以上を目指すなら、WordPress(ワードプレス)でブログを作りましょう。
今あなたが見ている当サイトもワードプレスです。

先程も言ったように無料ブログでもアフィリエイトは始めることができますが、本腰入れてやるならWordpressです。
最初は無料ブログで100記事投稿ししたけど、やっぱり独自ドメインをとって専用のサーバーをレンタルしてということになれば、今まで投稿した記事をワードプレスに移行する必要が出てきます。

そうした場合、初心者では乗り換え作業も大変だし、下手をすれば全記事が削除する羽目にもなります(僕の経験上)乗り換え作業はレンタルサーバー会社でもやってくれますが、結構高額な移設費用が発生します。

WordPressなら、レンタルサーバーの管理画面から簡単にインストールできるし、無料のテーマがたくさんあるし、見た目もSEO的にもこだわるなら有料テーマを利用します。

僕をはじめ、稼いでいるアフィリエイターのほとんどがWordPressを使用しています
ワードプレスを使った稼ぐサイト作りの手順は「WordPressテンプレートで稼ぐサイトにデザインする」の記事で解説しています。

ブログでアフィリエイトを作った後に必ずやっておきたいこと

ブログ開設後にやること
本当に稼ぐ気持ちがあるなら、誰でもできる次の簡単な2つの作業をやるだけです。

  • 毎日記事を書く
  • アフィリエイト広告を貼る

この2つです。
とってもシンプルで簡単です。

だけど、これをやる人が100人中20人いるかどうか?
商売の成功ルールで「ニッパチ(28)の法則」というのがあるのですが、アフィリエイトも正にコレです。
この簡単な2ツの作業を継続できる人は2割、残りの8割の人は途中で挫折する。

今からアフィリエイト始めても遅くはない理由
アフィリエイトは副業にピッタリだし、本業としてもバッチリだということは僕らが証明しています。ニッパチの話になったので下図を御覧ください。毎年アフィリエイト業界にたくさんの人が参加してはやめて行っています。成功者は上記の簡単な作業を継続している人です。残り80%はノウハウコレクター状態ですね。
アフィリエイトは還流している
あなたが得意な趣味や何らかの資格やこれまでの経歴がれば、ワードプレスでサイトを作って、ひたすら記事を書き続けていきながらアドセンスやASP広告を貼るだけで月収100万円は夢ではありません。


稼げる記事の書き方は「読者が財布を開く!売れるアフィリエイト記事の書き方」でも紹介していますので読んでください。

書くのが苦手とか言う暇があれば、ひたすら書いていく。書いた記事を読み直す。おかしな箇所があれば、そこを修正する。そうして数稽古していけば文章力は上達します。
僕でも最初も今もだが書くのは苦手です。だけど稼ぐのが好きだから書いています。

こんな軽いノリでいいんじゃない(笑)

初心者におすすめ広告の貼り方
ブログに広告を貼らないことには報酬を上げることができません。
広告は2種類あって、ASP広告とアドセンス。

報酬として成果が出やすいのは間違いなくアドセンスです。(一般的にね)
このアドセンスが強いところは、あたなのブログにやってきた訪問者のニーズに合った広告を露出してくれることです。
アドセンスの広告の貼り方については「アドセンスで稼ぐコツ:リンク広告の使い方」でも簡単に紹介しているので参考に読んでください。

まとめ:愚痴る暇があれば今すぐ書き続ける

ここまで読んでいただきありがとうございますのすけです。
いざ!と勇んで始めたアフィリエイト・・・成果が出るまでに挫折る人が多い。
はっきり言っときますが、始めて2ヶ月や3ヶ月そこらで愚痴るなら、鼻からやらんほうが健康にいいです。
成果を早く出したいなら毎日記事を書く。

アフリエイトに限らずどの業界でも稼ぐ人の共通点はとにかく頑張る。

結論は「頑張る」

追記:頑張っている人には「頑張れ」とか言わないですね。
また、頑張っていない人に「頑張れ」と言ってもダメのようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 商品サイクル

    商品サイクルを理解してアフィリエイトサイトを作るタイミング

  2. シニアにオススメの副業

    シニアの持ち味が活かせる副業はアフィリエイトですね

  3. 超簡単!アフィリエイトの始め方や仕組みを図解で徹底解説

  4. シニアの副業:アフィリエイトでお小遣い稼ぐ考え方と具体的な手法

  5. ホームページ作成ソフト

    アフィリエイトサイト向けWPテーマを使う

  6. 鉄板商品アフィリエイト

    アフィリエイトの基本は鉄板商品を選ぶ~大きく安定して稼げる売れ筋商品

アフィリエイトで稼ぐ5STEP

アフィリエイトの基礎サイトを作ってみるサイトをキレイにデザインする売れる記事の書き方サイトを収益化




稼げる無料レポート配布中

儲かるキーワードの発見法・稼ぎ方

SEOに強いWPテンプレート

読まれる記事にこだわる

文賢

PAGE TOP

アフィリエイトを始める準備と手順

超簡単!アフィリエイトの始め方や仕組みを図解で徹底解説

アフィリエイトサイト作りの基本

初心者が稼ぐためのサイトの収益化を図解で正直に解説

アフィリエイトサイト作りの基本

自分の強みを生かした専門店型アフィリエイトサイト作りのコツ

アフィリエイトサイト作りの基本

サイト作成のスピード化を図り、同時に報酬アップにつなげやすい体験談を書いてもらう…

アフィリエイトサイト作りの基本

読者が財布を開く!売れるアフィリエイト記事の書き方