アフィリエイトで稼ぐ思考講座
稼ぎの土台
スポンサードリンク
アフィリエイト塾「虎の穴」

楽をして、効率よく稼ぐには


■もっと、楽をして、効率よく稼ぎたいと思いませんか?

アフィリエイトをする人の究極の目標が「もっと楽をして稼ぎたい」です。
だから皆さん、SEOについて知識を広げ、キーワードツールに頼り、キーワードの順位を気にしたり、ライバルサイトの研究に余念がありません。

つまりアフィリエイトで稼ぐための作業時間の大半をこういう作業につかっていません
か?

本当にそういう作業が、楽をして、稼げる近道でしょうか?

SEOの詳しい人がメルマガで書いているようなことをあなたはできますか?

ライバルサイトを研究して、その通りにやって稼げていますか?

そういう作業って難しいと思いませんか?

遠回りをしていませんか?

昨年後半から、石田健さんが主宰する石田塾やアフィリエイトセミナーに講師で招かれました。そこで話したことは、いつも皆さんにお話をしていることと同じです。

なぜ招かれたかというと「独自のアフィリエイト展開で稼いでいる」からだと思います。

独自と言っても、僕が別段、特別なSEO技術やツールなどを使っているわけではありま
せん。

恐らくSEOに関しては、僕より皆さんの方が詳しい人もいます。

僕のやっていることは、そういうテクニックにこだわっている人から見えれば、余りにも簡単すぎて、それがかえって、「独自なやり方で稼いでいる」という風に見えるとおもいますね。

その方法というのは皆さんにいつもお話している通りです。

そして、この方法がいちばん楽をして、稼げる方法でもあります。
その方法というのは、「ASP内のスポンサー研究」です。

例えば、バリューコマースには、どんな企業がスポンサーとして参加しているか?

その企業の主力商品何か?

報酬条件や規約は?

その企業のホームページから対象となるターゲット(消費者)にどんなことがPRされて
いるか?

そのターゲットは、どのような悩みがあって、その悩みを解決するのか?

どうして、その商品を購入するのか?

急いで買ってもらったほうが得なのか?

まとめて買ってもらったほうが得なのか?

こういうことを研究していったほうが、SEO技術に頼るよりよっぽど稼げるようになり
ます。

ライバルがいないところで、SEOを気にせず、相互リンクの数も気にせず、悠々と稼げ
るのです。

昨年の夏、日本語ドメインとビリーズブートキャンプが大流行しました。

多くのアフィリエイターは日本語ドメインの商材を買い、そしてビリーズブートキャンプのドメインを日本語化して、アフィリエイトをやりました。

稼いだ人は、ほんの一握り。

今では、ほとんどの人が、ビリーズブートキャンプをアフィリしていません。

本当の勝負はこれからだというのに・・・。>

そのころ、僕はビリーズブートキャンプに目を向けずに、高額報酬の美顔器や脱毛器のアフィリをやっていました。

1個のアフィリで、7000円とか15000円の報酬です。

皆がビリーズブートキャンプを10個アフィリしても合計2万円そこそこなのに、僕は脱毛器を10個売っていたわけです。

報酬単価も15000×10個ですから15万円。

ビリーズブートキャンプサイトを作るのも脱毛器サイトを作るのも作業時間は変りませ
ん。

いいえ脱毛器サイトを作るほうが楽でしょう。

競合で勝ち抜くためのSEOを考えないで済む分、楽です。

さっき、ビリーズブートキャンプのアフィリは「これからが勝負だというのに」と書きました。

ビリーズブートキャンプ」でヤフーを検索すれば750万件、ところが「ビリーズブートキャンプ 腰痛克服」なら2万5000件。

「ビリーズブートキャンプ 膝関節痛克服」190件。

「腰痛克服方法」に至っては、62万件あるものの上位表示10番以内には、「ビリーズブートキャンプ」というキーワードは一個もヒットしていませんね。

ならば、「腰痛克服方法」で、ビリーズブートキャンプをアフィリした方がSEOも楽なわけです。

腰痛の原因や予防法を紹介しながら、そこへビリーズブートキャンプの効果を紹介する。ビリーを経験している人は自分の体験談を入れるとより効果的です。

だから商品がどのように利用方法があるかということを研究するほうがよっぽど稼ぎに直結してきます。

そういう研究で作られたサイトのほうが、検索エンジンも好みますね。

ある意味、自然なSEOがかかるというわけです。

ターゲットのニーズを読み取る力をつけることはこれからさらに重要になってきます。

ますます検索エンジンのアルゴリズムは複雑化してきます。

これに対応するには、ややこしいSEOテクニックより、シンプルにユーザーのニーズを読み取る力をつけることです。

ユーザーのニーズを読み取る力をどうしてつけるか?

新聞や雑誌が一番の近道です。

新聞や雑誌にはユーザーの声をたくさん反映している情報が掲載されています。

1月2月は、資格資料請求のアフィリサイトが稼ぎます。
稼ぐためのユーザーのニーズを自分のサイトにどう反映させるか?

一番早い近道は、資格関連雑誌を購入して、その雑誌の情報をネタにして、アフィリをすることでしょう。

例えば「通関士」という資格があります。

この資格を取ろうとしているユーザーのニーズは、リクルートの資格雑誌から収集できます。リクルートの雑誌には「資格の学校TAC]が「通関士」を受講した人の体験談や仕事内容な
どの情報を詳しく掲載しています。

そしてバリューコマースには「資格の学校TAC」スポンサーとして登録していますから、アフィリエイトは仕込むことができます。

こうやって、ひとつづつ「ユーザーのニーズを読み取る力」をつけていってください。

長期的に安定して稼ぐ方法はこれが一番早道です。




キーワード