アフィリエイトで稼ぐ思考講座
旅行アフィリエイト
スポンサードリンク
アフィリエイト塾「虎の穴」

旅行・ファミリーアフィリエイト


季節商品でもある旅行・レジャーなどファミリーやカップルをターゲットにしたアフィリエイトは、ターゲットや目的地、話題性、施設名などを複合キーワードを使えばサイトつくりの幅が広がる。参考事例をもとに旅行・グルメ・ファミリーに関するアフィリエイトを紹介する。近年はメディアなどの特番も増加して、ご当地案件や、テーマなど切り口を変えたアフィリエイトで稼げるので、おもしろいジャンルだ。

ゴールデンウイークに見るアフィリエイト事例

ゴールデンウィークに海外旅行を予定している人もあれば、国内でのんびり温泉旅行の人、 「安・近・短」でイベントへ繰り出す人、どこへも行かずにアルバイトに励む 人 etc。

バリューコマースや他のASPでは「GW特集」をやっています。

国内・海外旅行ともまだまだ稼げます。 国内旅行で稼ぐならこんなキーワード→「日帰り ○○旅行」「日帰り ○○バスツアー「日帰り ○○温泉」「直前 ○○予約」「○○宿 直前」 ゴールデンウィーク(夏休みなども)間近になってくると、急に休みが取れた などの理由からか「日帰り」「直前」などの関連検索が急増するので。

サイトタイトルの決め方

訪問者は行きたい「県名」「温泉地名」「宿名」などで検索してくるので、ズバ リ「伊香保温泉」とか「伊香保旅館」という単一キーワードで攻める方法もありますが、この単一キーワードではライバルが多く成果は見込めません。

それより「伊香保温泉 家族風呂激安」「伊香保温泉 激安「伊香保温泉 宿泊 予約」などのように、お客の目的とするような複合キーワードでサイトタイト ルを決めて、それにそってサイトを作るとよいでしょう。

もっとも成約件数が見込める方法です。

「宿」「温泉」などのキーワードを俯瞰したサイトタイトルの決め方の一例を紹介します。

キーワードを俯瞰すると言っても難しくありません。

あなたが、住んでいる地域に観光名所やパワースポット、縁結び神社などがあ りませんか?
「婚活+縁結び神社(パワースポット)+温泉」という考え方をすれば色んな サイトが作れます。

そして、観光名所というと、幅広いですができるだけ老若男女に共通する場所 を指します。 この中に「花火大会」「紅葉」「花見(桜)」なども季節イベントとして、宿泊の 予約が売れます。

今年春には、博多~鹿児島間の新幹線が開通しますから、鹿児島地域の温泉ア フィリエイトなんかも注目ですよね。新大阪から~鹿児島まで 3 時間 30 分です から、アフィリエイトの商圏も大きく拡大していきます。

また、プロ野球の日本ハムに斉藤祐樹投手や大谷投手が入団したので、札幌ドームに行たい人が増加しますから、札幌ドーム周辺のホテル、宿のアフィリエイトもできます。

まあ、札幌ドームに限らず野球ファンを意識すれば、同じようなアフィリエイ トができます。

ちなみに「ペットと泊まる○○温泉」とか「二人で楽しむ混浴風呂」とか稼げません。
これらのテーマは雑誌などで特集で取り上げられるけど、あれは出版社のマス ターベーション。

「温泉」「旅館」アフィリは1カラム(ペラサイト)でも稼げます

「旅館」サイトに限らず、1サイト1商品を大きく訴求したい時に効果的です。 1カラム(以下ペラサイトという)は、急ぐ時にさっさと作れます。 ペラサイトだから稼げないことではありません。逆に数十ページのサイトより、 1ページものペラサイトの方が稼げることって、よくある話でした。

「でした」というのは、ヤフーとグーグルが検索システムで提携する前の話、 近は完全なぺらぺらサイトは、上位表示も難しくなっています。 ヤフーもサイトの質を重視するようになってきましたから、1カラムでも少し 記事を増やしていくように心がけましょう。

旅行アフィリエイトサイトを作るテンプレートは「クールでかっこいいテンプレート」から「ワードプレス12.5」をおすすめします。旅行サイトは楽しさをビジュアルに訴求できるよう、前もって構成されたテンプレートを使用するほうがサイト作りも楽です。

手始めに1サイト1温泉旅館で作ってみよう!

初心者はまず1サイト1旅館で作って練習していきましょう。(下図参照)
サイト作りに慣れてくれば、2カラムを利 用してサイトを作ったり、僕の有馬温泉サイトのように1カラムでページを増 やしていきましょう。

ファーストビューでサイトの内容を訴求する

雑誌や新聞などと違って、通常 Web サイトは、パソコンの画面上から閲覧する ために、一画面上に表示される情報量は非常に限られます。

21インチのモニター画面と12インチのモニター画面を比較した場合でも、 画面サイズの小さい12インチの方が情報量もさらに限られてきます。 残りの画面はユーザーがスクロールさせて読むことになるために、初に表示 される画面(ファーストビューという)に訴求力を持たせることが非常に重要 です。

つまりユーザーの注意を引くための表現が要求されるということです。
下図を参考にしてもらえばわかると思いますが、ヘッダー画像やインフォメー ション部分には特に注意が必要です。

よくサイトのタイトルをそのままヘッダー画像に表示しているサイトを見かけ ますが、ユーザーにとってサイトのタイトルというのはあまり重要事項ではあ りません。 ユーザーが知りたいのは、そのサイトは自分が目的としている情報が得られる かどうか」を知りたいのです。だから、ヘッダー画像には「ユーザーが知りたい重要な事項を表現する」こと です。
下図の事例では、ファーストビューには「有馬温泉の特徴」「歴史と由来」を紹介しています。

※上図にあるドメイン➡http://www.kobenopan.com/ は過去に弊社が捨てており、現在では弊社の所有ドメインではございません。

記事タイトルは、「有馬温泉」というキーワードから書いています。本文中にも 「有馬温泉」「露天風呂」というキーワードが続きます。

サイトのオススメポイントを書く

その次は「オススメポイント」を簡潔に紹介。(下図参照)


記事タイトルは、「有馬温泉」というキーワードから書いています。本文中にも 「有馬温泉」「露天風呂」というキーワードが続きます。

上図の黄色いマーカー部分はストロングタグで囲っています。ソースは以下の ように書いています。

で、その下には、「じゃらん」のアフィリエイトバナーを配置しています。 宿泊予約ボーナスキャンペーンを訴求して、辻のサイトから予約を入れればお 得なんだということを訴求している。

個別に旅館を紹介する

それから下へ画面をスクロールすると「行ってきました~」と個別に旅館を訴 求。有馬ロイヤルホテルに実際宿泊しています。
悪知恵ではありませんが、体験していなくても体験したようにリライトして記 事を書くこともテクニックのひとつです。
有馬温泉の旅館を12件紹介しています。下図の様にユーザーがA~Dをクリ ックするとすべて、各旅館の詳細・予約ページへ誘導できるようにしています。

このような流れでサイトを作っていく事例を紹介しました。

い ち 押 し !
クールでかっこいいWPテーマ12.5
購入者特典

このページで紹介した、クールでかっこいいWPテーマ12.5を購入した人には、「じゃらんで稼ぐ:日本を隅々までアフィリエイトしよう」というサイト作りのマニュアルを購入者特典としてプレゼントします。




キーワード