アフィリエイトで稼ぐ思考講座
スポンサードリンク
アフィリエイト塾「虎の穴」

上手な文章より「稼げる文章を書け」


商品サイクルの図を参考にして、サイト作りの流れを紹介すると
・紹介期→ペラページでも稼げる(極端に言うと被リンクゼロでも稼げる)
・成長期→ペラページでも稼げるが、コンテンツを増やしながら被リンクを集める。
・安定期→例外を除きペラページでは稼げない。コンテンツと被リンクの質と量の勝負。
「コンテンツを増やす」「コンテンツを書く」ことに尻込みする人がいますね。
どんな人かというと→「文章を書くのが苦手」と勝手に言い訳する人。
こんな人は大概、自動記事作成ツールを買っています。

アフィリエイトサイトの文章というのは、「上手に書くのが目的ではない」のです。
「文章がうまい」から稼げるサイトではありません。
「稼げる文章」を書くこと^^

「今すぐ解決したい人」「今すぐ欲しい人」が、我々アフィリエイターのターゲットですから、「うまい文章」より、「買う気にさせる文章」を書くことですな

だからと言って、「売り込みはしない」
「犬になるな、ネコになれ」です。

「絶対に買うべき」とか「買わないと損」とか、あちらこちらに書いていませんか?

売り込むより、その商品のよさを誠実に伝える、情熱を持って。 自分が経験しておれば、その体験談やレビューなど。
日本は消費経済の国ですから、消費に焦点をあて、顧客満足度を高めるサイト作りをしましょう。

サイト作りは次のような流れ

問題提起 (例:こんなことで、悩んでいませんか?)

誘導 (こんな方法があればいいと思いませんか)

解決法の提案 (実はこういう方法があって、知っていましたか? )

制限 (限定や、期限、キャンペーンなど)

行動させる (購入ボタンやコメント)

今、流行のFXはどうなんでしょうね。
「FX比較」「FX初心者」「FX口座開設」「FX失敗しない方法」こういうサイトテーマは成熟した感じがありますね。

手数料無料などのコスト値下げ合戦の時代も終わり、各社の特徴を明解に打ち出す時期に来ていますよ。

つまりFX紹介期が終わり、これから成長期~安定期に差し掛かるところです。初心者をターゲットにしたのは、紹介期~成長期でよかった。
これからは、FXを深く掘り下げてサイトを作るようにしないと稼げない。
実は、スーパーアフィリエイターの弱点であり、他のアフィリエイターも深く掘り下げてまで、サイトを作らない。

だから、後発組みが稼げるチャンスがあります。
1つのサイトで集中的に稼ぐというより、分散投資みたいに、テーマを絞って、濃いアクセスを集めて稼ぐやり方ですね。

スーパーアフィリエイターは、1つのサイトで、どか~ん、どか~ん、と稼ぐ。
(初期から成長期は)しかし、成長期後半~安定期(商品寿命もこの時期が一番長い)は、1つのサイトでは、どか~ん、と稼げない(競合が激しくなっているから)。
確実性を高めるために、上図のようにテーマを絞って、サイトを分散する。

「スワップポイント」 「レバレッジ」 「高金利通貨」 「ETF」など。
まあ、FXでなくても考えは同じです。
商品の紹介期のタイミングにサイト作りが遅れたら、上図のようにテーマを分散してサイトを作る。




キーワード