レンタルサーバー入門~QA

有料ホスティングサービスと無料ホスティングサービスの違い

俗にいうホームページ運営のレンタルサーバーですが、これは専門的いうとホスティングサービスといいます。一応このページではレンタルサービスという名称でご紹介していきます。
レンタルサーバーには有料のものと無料なものがあります。
ホームページを初めて作る人は「無料の方がいい!」という方が多いですが、有料と無料どちらのレンタルサーバーを選ぶべきかは作るサイト・ホームページによって変わってきます。
安易に無料だけに絞らず、それぞれのメリット・デメリットを把握してから、「自分が作るのは無料で十分だ!」「サイトの内容的には有料じゃないと厳しいのか」と決めると、あとあと失敗したなぁと後悔することもなくなります。

有料と無料の違い

有料レンタルサーバー

  • 費用がかかる(300~1,000円が相場)
  • 容量が大きいので、サイトが重くなりにくい
  • メールや機能が問題なく使える
  • サポートがしっかりとしている
  • ほぼサービスがなくなることはない
  • 関係ない広告が表示されない

無料レンタルサーバー

  • 費用がかからない
  • 容量が小さいので、サイトの表示が遅くなることも
  • 機能やメールが制限されている
  • サポートはなし
  • 突然サービスが終了することが多い
  • 関係ない広告が表示される

有料レンタルサーバーと無料レンタルサーバーの違いはこのような感じです。
分かりやすく言えば、無料レンタルサーバーのメリットは「無料であることだけ」です。

無料レンタルサーバーは身内にだけ公開するサイトを作るときに使おう!

無料レンタルサーバーは、ほとんどは有志の方や技術者が勉強がてらに自己負担で運営していることがほとんどです。
無料で利用させてもらえるわけですから、ありがたいですね。

しかし、個人レベルがほとんどのため、「いつ」サービスが終了するか分かりませんし、困った時のサポートも当然ありません
機能面も個人レベルなので、企業レベルで運営している有料のレンタルサーバーには負けてしまいます。

なので、身内に公開するサイトや、ホームページ作成の練習のために使いたい、という人だけにおすすめです。

写真や動画、音声などはいっぱいアップロードできない

自分が作るサイト、ホームページで写真や動画、音声などを楽しめるようにしたい考えている人は、有料レンタルサーバーを使わなければいけません。
無料レンタルサーバーはサーバーの容量が小さいため、これらのデータをアップロードするとすぐに容量がいっぱいになってしまいます。
容量がいっぱいになると、それ以上写真や動画、音声などアップロードできなくなったり、実際にサイト・ホームページを開いたときに表示が遅くなり、快適に閲覧をできなくなります。

つまり、サイトやホームページを見てくれた人に楽しんでもらうことができない、というわけです。

これからサイトやホームページを作ろうと考えている人は、趣味にしろ、お金を稼ぐためにしろ、人に見てもらうことが前提で作ることがほとんどかと思われますので、そういう意味では有料レンタルサーバーを使っておいた方がいいでしょう。

特に、「自分で作った商品を売りたい」「会社のことを知ってもらいたい」と考えてサイトを作る場合は、自分と関係ない広告が表示されてしまうと売上に影響することもあるので注意してください。

有料レンタルサーバーなら問題なくサイトが作れる

有料レンタルサーバーは企業が運営しているので、容量や機能が充実しており、サポートがしっかりとしています。

  • 商業用のサイトを作りたい
  • 写真や音声、動画などをいっぱい見られるホームページを作りたい
  • ブログのように長く運営するサイトを作りたい

といった場合は、有料レンタルサーバーがいいでしょう。

普通にサイトを作るのなら有料レンタルサーバーが絶対

「普通に」と言うと曖昧ですが、要は

  • 文字だけのサイトでページ数5ページ以下のサイト、ではないサイト

を作る場合です。
「文字だけしかかかない」「サイトやホームページを開設するまでの過程を練習したい」という場合には、無料レンタルサーバーで問題ありません。

しかし、これ以外で、

  • 音楽や写真、絵、動画など趣味のことを知ってもらうため
  • アフィリエイトでお金を稼ぐため
  • 自分で作ったアクセサリーなどの商品を販売したい
  • 会社用のサイトを作りたい

という場合は、有料レンタルサーバーを使った方がいいです。

有料レンタルサーバーは容量が大きいので、写真などのデータをどれだけあげても、ブログなど毎日のように更新してページ数が多くなっても、サイト・ホームページが重くなることがないので、見てくれる人が快適に閲覧することができます

webサイトを見ようと思って表示が遅いと「もういいや」と思って見ないことありますよね?
あなた以外の人もそうですから、表示が遅いだけ、せっかく作ったサイトやホームページを見てもらえません。

つまり、「自分の趣味を知ってもらうことができない」「商品が売れない」「会社のことを知ってもらえない」というわけです。

「ページを表示されるのが遅くても気にしないけどなぁ」という人は、「8~9割の人が4秒待って表示されなかったサイトを見ない」という調査結果があることを覚えておきましょう。

関連記事:初心者ならコレ!おすすめ有料レンタルサーバーランキング

困ったときのサポートが充実している

「サーバーを利用してサイトを一般の人に公開しようと思ったけど、設定が分からない」という場合でも電話やメールでサポートしてもらうことができます。
特にサイトを作ることになれていない人にとっては、一番つまづきやすいところなので、万が一のためにサポート制度がしっかりとしていた方が安心です。

また、サイトを公開しているときも、突然問題が起きてサイトが見れなくなることもあります。
商業用に作ったサイトなら、そのまま売上にダメージを受けてしまうので、サポートがしっかりとしている有料サーバーのほうが安心することができます。

しかし、サポートがあるといって、会社によってサポートの質が全然違う、というのも忘れてはいけません。
サポートが悪いところは、

  • メールを送っても返信が遅い
  • 電話をしても繋がらない

となり、問題を解決できません。

いつでもしっかりとサポートをしてもらいたいのなら、エックスサーバーが一番おすすめです。

月額1,050円と少し割高ですが、スタッフが24時間365日で電話サポート、メールでの相談も48時間以内に返信、とかなりの充実ぶりです。
正直ここまでサポートがしっかりしたサーバーはほとんどありませんから、サポート込みで考えれば妥当な値段だと、私は思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. WordPressにレンタルサーバーは必要ですか?という質問に回答する…

  2. ホスティングサービス(レンタルサーバー)の基本機能

  3. 【難しい用語なし】アフィリエイトでホスティングサービス(レンタルサーバ…

  4. アフィリエイトサイト作りに必要なレンタルサーバーのディスク容量

  5. ホスティングサービス(レンタルサーバー)の月額料金について

  6. アフィリエイトサイト運営ににおける共用サーバーと専用サーバーとの違い

稼げる無料レポート配布中

儲かるキーワードの発見法・稼ぎ方

SEOに強いWPテンプレート

只今テレビCMにも出演中!






仕事の合間にこの他、舞台・ドラマ・モデルなど第一線で頑張っています。

気ままに稼ぎのヒント発信中

PAGE TOP

アフィリエイトサイト作りの基本

初心者が稼ぐためのサイトの収益化を図解で正直に解説

アフィリエイトサイト作りの基本

自分の強みを生かした専門店型アフィリエイトサイト作りのコツ

アフィリエイトサイト作りの基本

サイト作成のスピード化を図り、同時に報酬アップにつなげやすい体験談を書いてもらう…

アフィリエイトサイト作りの基本

読者が財布を開く!売れるアフィリエイト記事の書き方

アフィリエイトサイト作りの基本

アフィリエイトサイトは育てながら稼ぐという根拠と手法