アフィリエイトで稼ぐ思考講座
スポンサードリンク
アフィリエイト塾「虎の穴」

カードローンで稼ぐサイト作りと思考法


キャッシングのアフィリエイト報酬はネットビジネスでも副業と思えないほど大きな稼ぎができるテーマです。当然、強豪ライバルがひしめくレッドオーシャン市場ですが、かと言って後発組が参入してはいけないというルールはありません。ひょっとすれば、あなたが自信なさそうに作ったキャッシングサイトがビッグキーワードで上位表示された。するとどうなると思います?月収500万円というのも夢ではないのです。そうです。アフィリエイトは夢に挑戦することが大事で夢を実現させてくれる手法でもあります。

カードローンで稼ぐ取り組み方やサイトつくりを簡単に紹介します。

キャッシングやFXなどの金融案件は、物販アフィレイトのようにランキングというタイトルで稼げない。
お金を借りるキャッシング(以下カードローンという)サイトを作る場合には、「○○ランキング」という攻め方では、あまり稼げません。

例えば、下図のように「カードローン人気ランキング:検索数3500万」「即日キャッシング検索数539万」というように、圧倒的にカードローン人気ランキングが高いのですが、稼げるキーワードは「即日キャッシング」です。

キャッシングやカードローンという「借金」は、緊急性を持っています。

ここ重要です。

キャッシングもカードローンも借金をすることに違いはありませんが、我々がアフィリエイトをずる以上、「借金=緊急性」を念頭に入れておくべきです。

現在、アフィリエトプログラムにおいて、下図のように消費者金融系、銀行系のカードローンがあります。


※上記の内容は、変更になっていることがありますので、各金融会社の公式サイトにて確認してください。
上図を元に、カードローンのアフィリエイトをしていく上で、いくつか基本知識を紹介しておきます。

■健全度
表の上から「安心度・健全度」これはいうまでもなく、貸す側の財務内容や信用度ですが、銀行と銀行系の消費者金融が安全というのは、アフィリエイトする側からも安心です。

かといって、上図右の消費者金融のアフィリエイトをしてはいけないといことではありませんが、ある意味「ダーティー」であり、借りる人を選ばない主旨のようなアフィリエイトサイトが目立ちます。

やるならば、「学生ローン」などで攻めてみるのもいいでしょう。以前は、固有の大学名で検索掛けて、問題になったこともあるので、その辺を注意してください。学生対象と言っても法的には20歳以上収入のある大学生、専門学生を一般的に指します。

■実質年率
実質年率とは「金利」を意味しますが、詳しく言うと「全ての支払い(支払利息、手数料、印紙代など)の合計額を年率で換算 したもの」をいいます。

これも法的整備されて、上限が設けられ、借りる側の負担軽減をしています。
実質年率20%超は違法となります。

実質年率には上限金利と下限金利が適用されます。
下図のように借りる金額の大きさによって金利が適用されます。

実質年率の計算を例にすると、例えばあなたが10万円借りた、金利が14.6%適用されたなら、一年後に(返し終わると)11万4600円返していることになります。

こうして、「金利比較」というキーワードでアフィリエイトしている人もいます。
「金利比較」で検索してくる人のニーズは、借りたい気持ちはあるが、下準備の段階にいる人と思ってよいから、アフィリエイト報酬に結びつくキーワードかというと強い方ではありません。

ローン各社の金利を比較して、どのローンが安いかを比較するわけですが、ぶっちゃけ金利差は各社ほとんど変わりません。「金利比較」で検索してくる人は、さほど緊急性がないので、ブックマークボタン「お気に入り」を目につくところに置いておくと後々、あなたのサイトに再訪して、申込みをする可能性もあります。

こういうブックマークボタンは、金融サイトにかぎらず、仕込みという解釈で掲載しておくと、あなたのサイトが検索順位を落としたとしても、ブックマークのおかげで、成果が発生することよくあるケースです。

カードローンは、銀行を除いて総量規制対象になるので、年収の3分の1を超える借金(他社合計借入額)はできないようになっています。このため、総量規制対象外になる銀行のカードローンを利用する消費者が増えております。したがって、アフィリエイトにおいても「銀行カードローン」が、承認される率も高くなっています。

収入のない専業主婦が借金できるか?

「専業主婦=借金」というキーワードは、稼げます。
専業主婦(主夫)といっても、パートやアルバイトで毎月安定収入があれば、表のように銀行、消費者金融どちらも利用できます。

しかし、中には、まったく収入がない専業主婦(主夫)が、借りることもあります。
旦那や配偶者に内緒で借りたい場合にも銀行カードローンは対応できます。

収入がゼロの専業主婦では、プロミスやモビット、アコムなどの銀行系消費者金融や一般消費者金融では借りることができません。

しかし、銀行カードローンでは、楽天銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行などでは限度額30万円までなら利用可能です。

注釈すると、レイクは以前、モビットやプロミス同様に消費者金融でしたが、今では銀行の商品名になっています。

ここを知らないアフィリエイターのキャッシングサイトを見ると、レイクも専業主婦は借りられないと間違いの記述をしています。知っているのと、知らないのでは、サイト作りも違ってくるし、稼ぎにも差が出てきます。

カードローンには、返済期限が決まっていません。利用限度額内であれば何度でも出し入れ自由というのも一般の消費者金融と違うメリットです。
※専業主婦への融資については、各社変更になっていることがあります。公式サイトにてご確認ください。

即日キャッシングのアフィリエイト

このキーワードも稼げます。
スマホやケータイ、PCからいつでもどこでも申し込みができるようになった分、昔に比べると見違えるほど即日キャッシングのスピード化が実現しています。

即日キャッシングできる範囲は、ローン各社の営業時間内に融資が可能だという審査が完結することが条件です。

借金ヒストリーによっては、営業時間内に申込みをしても、審査が翌日に持ち越されるケースもあります。

即日キャッシングなどを表記する場合には、金融会社の決まった条件があります(例えば午後2時まで審査完了など)ので、きちんと表記します。

「即日キャッシング」というのは、非常に緊急性の高いキーワードです。
理屈抜きで、今すぐお金が必要という人です。

ここに大きな稼ぎのチャンスあります。
突然お金を必要とするとき、ピンチになるときはどういう事態があるかを研究してみるのも大切です。

こんな事態も有りますね。
借金返済の自転車操業、仕入れ資金が不足、給料資金が不足、学費滞納で卒業ピンチ、旅行先でピンチ、結婚披露宴の資金不足、給料前、冠婚葬祭、病気や出産の入退院など。

■どんな金融会社をアフィリエイトできるのか?

表に掲載している金融会社(銀行、銀行系カードローン)は、全部アフィリエイトできます。

できますが、銀行カードローンはクローズ案件が多いので、カードローンのアフィリエイトをこれから始める人は、まず銀行系カードローンの「プロミス」「モビット」「アコム(ASPによってクローズ)」「アイフル(ASPによってクローズ)からやっていきましょう。「(※)アイフルは銀行系カードローンではなく、一般消費者金融です。

銀行ローンをオープンで公開しているのは、アフィリエイトB,トラフィックゲート、アクセストレードなどの楽天銀行、バリューコマースに常陽銀行があります。ただここは、茨城県内居住者対象のローンですから、アフィリエイトの範囲は狭くなりますが、考え方によっては茨城県内居住者をターゲットにしたピンポイントアフィリエイトが可能ですね。

こういう地域型ローンはロングテールなキャッシングとして狙い目です。

初心者が提携しやすい、プロミスやモビットは、どこのASPにもあります。
比較的提携審査もゆるいので、金融サイトであれば、ほぼ提携審査を通過します。プロミスの場合は、エステサロンサイト、音楽サイト、旅行サイトでも提携可能なことはあります。

また、銀行系カードローンに取り組みたい方は、バリューコマース、トラフィックゲート、メディアパートナーのASP内に次のようなプログラムあります。

プログラム→【カードローン・キャッシング】非公開案件ご紹介プログラム
これは、金融サイトを持っている人へのプログラムですが、初心者でもサイト審査によっては、クローズ案件の提携も可能となる場合がります。

金融系案件は、検索上位や現在の報酬実績(ASPランク)などを重視しているので、初心者によっては、銀行系カードローンの提携ハードルは高いと思う。




キーワード