アフィリエイトで稼ぐ思考講座
スポンサードリンク
アフィリエイト塾「虎の穴」

自分の強みでサイトを作る


デパート型サイトを作るより専門店型サイトを作ろうと言いましたね。覚えています?
専門店型サイトの方が来訪者(お客さん)も絞り込みやすいので、テーマも決めやすい。

このサイトテーマが決まらなくては、どんなデザインにするのか、アフィリエイトする商品(広告)を何にするのか、決められません。ですが、初心者や稼げないアフィリエイターは、サイトテーマを決めずに、勝手に走り出してしまう人がたくさんいますから注意してください。

そんな人たちのサイトを見ると、サイトテーマが抽象的で、コンテンツも統一性がなくて大雑把になりますね。結果的に来訪者があっても、さっさと他のサイトに行ってしまいます。

サイトテーマと情報に統一性がなくても良いのは趣味サイトです。
趣味のサイトであれば、それでもいいかもしれません。
ですが、アフィリエイトサイトの場合、それでは困ります。

たとえば、携帯電話会社の営業マンとして働き、休暇中は世界遺産を巡り、趣味でガーデニングをしている人が、アフィリサイトを作る場合、「格安で安心できる世界遺産めぐり」というアフィリサイトに「携帯電話」や「自動車保険」「ガーデニング」の情報を掲載するのはナンセンスです。

あれもこれも売りたいという気持ちはわかるけど「来訪者の立場になってサイトを作る」ということを必ずキモに命じて、しっかりとサイトテーマを定め、そのテーマに沿ったサイト運営をして行きましょう。

この場合は、携帯電話会社の営業マンとしての知識や情報を元にした専門店サイトを作ったほうが稼げます。
いやいや会社にバレるとまずいと思えば、世界遺産を巡った体験サイトにすればいいですね。

サイトのテーマは、サイトタイトルやドメイン選択にも大きく影響し、SEOにおいても重要です。
慌てず、じっくりテーマを決めて、サイトタイトルやサイトの記事などをコンテンツを用意していきます。

自分の強みをおさらいしてみよう

自分は他人はない特技を持っているとか、特別な資格や技術を持っている、帰国女子だわ~とか・・・。
こういう資格や技術。経験が他人から見て、すごいな~と思われることでも、自分ではそんなことないと勝手に決め込んで、そのお宝を押入れに仕舞いこんでしまう人も多い。

これは非常にもったいない話です。
自分の強みを活かした専門店サイトを作るのも、比較的安定して稼げるアフィリエイトサイトになります。
そういう意味で、今一度あなた自身の強みをおさらいしてみましょう。

下記の項目に答えて自分の強みを発見してください。

何か当てはまれば、そのテーマに沿った専門サイトを作ることをおすすめします。

  • あなたの仕事は?         ⇒ 調理師、会社社長、セールスマン
  • あなたが得意なことは?      ⇒早寝早起き、洋服のデザイン
  • あなたが欲しいものは?      ⇒プラズマTV、パソコン、宝石
  • あなたが夢中になっているものは? ⇒M1グランプリ、宝塚歌劇団
  • 人より優れていることは何?    ⇒洋服のセンス、文章力
  • 人より多くの時間を割いていることは? ⇒漫画を読む、テレビを見る
  • 人に自慢できることは?      ⇒英会話・国体出場、温泉に入った数
  • 人に教えられるものは何?     ⇒パッチワーク、ホームページの作り方
  • 人から才能があると言われたことは?⇒司会、手品・カラオケなど
  • 自分は経験済みで、他人は未経験? ⇒結婚・離婚、留学など
  • これだけは負けないこと?     ⇒お見合い・失恋、ダイエット経験
  • 自分が偏っているな、と感じること?⇒コンビニばっかり利用するなど

アフィリエイトサイトのテーマを絞りこむ

上記の質問に対して自分ことを書いていきながら、アフィリエイトのテーマを考えていくと自分らしいアフィリサイトのテーマが見えてきます。

書き込んでいくうちにいくつかのサイトテーマが浮かんできます。その中からテーマを1つに絞り込んでいきます。

テーマを決めるポイントは何度も言うように

ライバルサイトの存在を調べてみる

僕がサイトを作る場合にまずやることは「サイトテーマ」を決めたら検索エンジンに決めたサイトテーマを入力してライバルがいるかいないかを調べます。

塾生のサイト診断をしているとよく気がつくのは、塾生が「これだ!」と思ったテーマが、実は誰もが考えつきそうなものだったということはよくあります。それを知らずにアフィリサイトを作ってしまうと後で、「しまった」ということにもなりかねません。

自分が満足したテーマで決めたとしても、すでに、誰かがやっていたら、そのテーマから発信される情報は手あかのついたものなのです。それでは、来訪者(お客さん)にとって「価値」を感じてもらうことはできません。

サイトを作る前にある程度テーマが見えてきたら、現時点でどんなサイトがあるか検索エンジンで調べることが大切です。

テーマ(タイトル)の切り口は斬新か?

ここでは仮に、バイク関係のサイトを作るとしましょう。
しかし「バイク」をテーマにしたサイトはすでに数えきれないほど存在しています。

頑張って、徹夜でバイクサイトを作ったとしても、今ある多数のバイク関係のサイトの山に埋もれてしまう可能性が高いです。

そうなってしまえば、アフィリエイトで稼ぐことは難しくなります。あなた以上にバイクに関する知識や経験を持った人はたくさんいます。

一つの選択肢は、「バイクサイト」で勝負しない、です。多くのライバルがいるテーマで勝負するよりも、自分でも勝てそうなテーマ(ライバルがすくない分野)でアフィリすれば、初心者のあなたでも、報酬を得られる可能性がグ~ンと高くなります。

この考え方を「ロングテール」といいます。
参考URL ロングテールとはを調べる

もう一つの選択肢は、バイクサイトで勝負するが、切り口を斬新なものにする、です。
既存のライバルサイトとまともに勝負したら、勝ち目はありません。ですが、ライバルサイトが見落としている部分がわかれば、そこに特化させることで、独自性のあるサイトを作ることができます。

ライバルサイトが見落としている部分はどこか、そのサイトにはない、なおかつ来訪者にとって有益な情報はなにか、それを探り当てることができれば、あなたが得意なジャンルで勝負することができます。

「例:もしも女性のためのバイクサイトがあったら?」

バイクというと男性というイメージがありませんか?男性的な視点から構築されたバイクサイトはいっぱいありますが、女性の中にもバイクや運転が好きな人はいますので、女性的な視点でバイクの魅力を表現したサイトというのは、あまりないのではないでしょうか。

そういう女性たちを満足させるようなサイトを作っていくことができれば、誰でも作るようなバイクサイトを闇雲に作るより、成果を上げやすくなりますね。

ほっておいてもあなたが1時間以上喋れるような好きなこと、よく知っていることをテーマに選んだほうが有利です。
逆に,関心のないこと、あまり知らないことを無理にテーマに選んだ場合は不利になります。




キーワード