アフィリエイトで稼ぐ思考講座
商品サイクル
スポンサードリンク
アフィリエイト塾「虎の穴」

SEOとアフィリエイト


SEO効果によるアフィリエイトの成果は凄い反面、SEOが逆効果になって、検索順位を落としたりする。
正しくSEOを行う上で必要なサイトつくりの思考法を紹介する。

高度なSEO技術はアフィリエイトに必要ない

SEO市場は、2ケタ成長が続いているそうです。
株式市場にはSEO業者の上場ラッシュ!

すでに、100億円を突破する勢いで、SEO市場が成長がしているという9.5日経朝刊の見出し。

その背景には、検索エンジンに上位表示されるとされないでは、 販売元の企業にとっては、事業の競争力を左右しかねない状況になるからです。

コレは、個人のアフィリエイターにも同じことが言えます。

そのSEO市場の成長に対して、個人のアフィリエイターが、今後やっていかないといけない対策法について、一緒に考えてみましょう。

8月後半はヤフーのアルゴリズムに変動がありました。

個人でやれる正しいSEO

私のサイトも変動したものがありましたが、コンテンツの更新やバックリンクなどで、元の上位に戻っております。

一方では、まったく微動だにしなかったサイトは、ヤフカテ登録サイトです。

そして、ヤフカテ登録サイトと相互リンクをしたり、バックリンクをもらっているサイトというのは復活も早いようです。

アフィリエイトで稼ぐには、検索エンジン最適化つまりSEOを無視できません。

これはもう基本中の基本であることは、あなたも納得だと思います。

しかし、検索エンジンの動きを見ていると、アルゴリズムの対応についていけるアフィリエイターと、ついていけないアフィリエイターに2極分化が早いスピードで進んでいるようです。

個人がアフィリエイトで稼ぎ続けていくには、今ほとんどのアフィリエイターが、やっているようなSEOに限界が来る日が近くなるのではないでしょうか?

検索エンジン側が、サイトを上位表示順位を決める仕組を大きく変えたり、画像や動画などにも検索対象が広がったりすることで、これまで有効だった手法の効果が薄れてきていることは確かなようです。

以上の経過を踏まえて、アフィリエイトで稼ぐには、次のような対策を最低限としてやる必要があるようです。

1)サイトのデザインやコンテンツを丁寧に作ること。

2)検索キーワードや関連情報をサイト内にバランスよく増やしていく。

3)良質なサイトからのバックリンクを受けたり、相互リクをする。

4)検索エンジンが情報内容を把握しやすいようにサイトの構造を工夫する。

この4つのどれもが、ひとつのパッケージとして、機能しないサイトは、今後検索エンジンの検索対象外になることは容易に想像できます。

アフィリエイトは、サイトを量産して稼げる仕組が機能するわけですが、普段でもサイト作りに汗水流しているアフィリエイターにとっては、サイト作りに加えて、SEOの作業時間が追加されることになってきます。

アフィリエイターにとって、今後は厳しい条件下に置かれることは間違いないようです。

ヤフーカテゴリ登録サイトを被リンクサイト用に

では、この難局を乗り換える方法として、すぐに取りかかることができる作業とは何でしょう?
ベーシックな方法として、「ヤフーカテゴリ登録サイト」を複数サイト持つということ。

ヤフーカテゴリ登録サイトを持つことで、上記4つのポイントはかなりクリアされることになります。
ヤフーカテゴリ登録は「無料」と「有料」があります。

無料登録はヤフーのカテゴリ審査に合格すればカテゴリ登録されますが、容易ではありません。

商業的にサイト運営をお考えなら「有料版」のヤフービジネスエクスプレスの登録をオススメします。Yahoo!カテゴリへの登録を審査詳細や。申込みがお得な詳細はこちらからご覧ください。

これができなければ、大手企業がやっているように専門のSEO業者に委託するか、稼げないまま無駄なお金と時間を使い続けるということになります。

いずれにしても、上記4つのポイントをしっかり押えたアフィリエイターが、稼ぎ続けることは間違いありません。




キーワード